info@sanken-corp.jp
042-444-5134
  sankencorp   1月 12, 2016   ブログ   1 Comment

競売に興味をお持ちの方のご参考になればと思い、

競売サポートのレポートを報告させて頂きます。

 

競売に興味がある方の皆さんが口を揃えて言うのが、良い物件を安く購入したい、

掘り出し物件を購入したいと思っています。

全てがそういう物件ではございませんが、競売物件というのは、探せばそういう掘り出し物的な

物件がたまに出てくる事がございます。

競売物件の場合、いくらで落札出来るかとい事が大事でして、安く入札したいけど、高く入札しないと

落ちないし・・これは毎回悩む所ですね・・

 

今回のお客様は、競売物件を安く落札して、賃貸に出したいというお客様です。

 

今回のターゲット物件です。

平成26年(ケ)第365号

2

 綺麗なワンルームマンションです。

駅徒歩6分

2007年築(築8年) 22㎡ RC5階建ての1階部分

 

売却基準価額 611万円

買受可能価額 488万円

保証額    122万円

 

3点セットをみた所、買受人が負担する他人の権利ありません。

占有者ありの賃借権がついています。

その他、これと言って問題はない物件かと・・

現在66.000円/月で賃貸中。

管理費・修繕費が年間116,300円

固都税が5万円ちょっと

管理費、修繕費に滞納が9万円程度

 

お客様の希望は長期保有をご希望ですが、転売して利益が出るなら、それでも良いとの事です。

そして、この物件を800万円くらいで入札したいというのですが・・・

 

私:その価格で入札しても多分、落札は無理ですね・・・

 

確かにお客様の価格で落とせれば、Netで約7.8%

長期所有するにはまあまあかなとは思いますが・・・・

 

ですが、私の見解は『それで価格では落札できません』です。

 

私の提案させて頂いた予想額は1,000万円と推測させて頂きました。

 

しかし、入札する人の心理を考えると、1,020万円とか1,030万円で少し多めに入札する人が

多いので、どうしても落札したいなら、1.050万円とご提案させて頂きました。

 

根拠はここでは割愛させて頂きますが、これはあくまでも長年の経験上の予想価格です。

 

競売は自己責任になるので、実際に決定するのはお客様本人なので、ゴリ押しは出来ませんが、

競売コンシェルジュとしては、落札出来る価格での入札を提案するのが仕事です。

 

結局、間を取って950万円で入札するとの事でした。

 

結果は後日、ご報告します。