info@sanken-corp.jp
042-444-5134
  sankencorp   11月 13, 2016   ブログ   0 Comment

競売不動産と一般不動産の違いについて。

競売不動産」とはどんなものか簡単に説明します。

競売不動産と一般流通不動産のは同じ不動産には変わりないのですが、

違いは、「取り扱う法律」が違うのです。

一般流通不動産は、皆さんがご存知の通り、インターネットの不動産サイトに掲載されていたり、

駅前の不動産屋さんの店頭に張り出されている一般に流通されて取引をされている不動産が一般流通不動産にあたります。

一般流通不動産の場合は取引をする際、宅建業法で細かく規定され消費者の保護がされます。

しかし、競売不動産は宅建業法は適用されません。

すなわち、消費者保護の適用がないのです。

言い換えれば、すべては自己責任という事です。

民法の枠組みには入りますが不動産のみに限った特別法ではないのです。

ただ、競売不動産に関する法律もあります。

それを「民事執行法」といい競売不動産に参加するには必須の法律知識で競売不動産を取り扱うルールが定められています。

競売不動産は民事執行法に基づいて全て行われます。

なので、競売不動産を扱うには民事執行法を良く理解した上でないと痛い目に合う場合があります。

そもそも競売不動産は、一般流通不動産と違い、不動産業者ではなく、裁判所が窓口となり売却をします。

マンション、一戸建て、土地などの不動産の所有者が支払の義務を果たせなくなったため、差し押さえされた不動産が主です。

そして、不動産を売却して、得られた金額が所有者の借金の返済に充てられることとなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

Comments are closed.