info@sanken-corp.jp
042-444-5134

相続不動産の分け方

相続した不動産の分け方には主に4つの方法があります。

1. 現物分割(げんぶつぶんかつ)
 不動産を物理的に分割する方法。例えば、土地だと「分筆」して完全に分ける方法です。

2.換価分割(かんかぶんかつ)
 不動産を「売却」して、お金に換えて分割する方法です。

3.
代償分割(だいしょうぶんかつ)

 相続人の一人が不動産を相続して、他の相続人には相続すべき不動産の持分相当額の対価を金銭で支払う方法です。

4.
共有分割(きょうゆうぶんかつ)

 不動産を「共有」で分割する方法。この方法は不動産を物理的に分割しないで、不動産全体を相続人がそれぞれの割合で共有する方法です。

相続不動産の流れ

相続不動産は様々なケースが考えられるので、各専門業務のプロフェッショナルと連携してストレスの無い手続きを進めていきます。

Comments are closed.